オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
エンゲージのリフォームリング
ちょっと前まではエンゲージといえば立爪のリングが多かったのですが
普段使いにも、フォーマルな場所にもつけづらく
結婚式の時の一瞬しか披露できなかった方も多いのではないのでしょうか。

せっかく大粒のダイヤなので用途に合わせて枠を作り直して
再び輝かせるのはいかがでしょうか?

今回はそんなリングの製作工程を紹介します。
各工程ごとに細かく写真を撮っていたらかなり多くの枚数になってしまいました。
改めてみるといろいろやってるなと実感します。


手づくり1

リングはまず石を収める枠からつくってから
バランスを考えてまわりを作っていきます。
とても細身のリングなので、強度と美しさの確保できる削りだしで制作しました。

腕の部分も金槌で形を成形してからぐるっと丸めます。
この金槌作業はわたくし大好きな工程です。
こんこんと大昔の人になった気分で叩いて作ります。

手づくり2

鋳造物と違って手が入りにくい部分はあらかじめ磨いてから
組み立てられるので仕上がりがきれいになります。
その分、組み立てには技が必要になりますが。


きれい!


打ち合わせの段階でシルバーでサンプルを作ったものを見ていただいて
納得のいくバランスを作り上げました。

お客様と話していて右に巻いてあるのと左巻きのリングで
身に着けた表情が違うことに初めて気づきました。

このリフォーム、実は前回パールリングを頼んでくださったお客様からの再びのオーダーです。
いつも本当にありがとうございます。



- | 20:52 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする