オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ネームリングができるまで
名前がそのままデザインとなるネームリング。
一番最初は5年前でした。
スタイリストをなさっている「aki」さまのご提案で制作し
ホームページに掲載してから好評をいただき
たくさんのお客様のお名前で制作依頼を受けております。
今回また同じ「aki」様のお名前でご注文いただき、なにか感慨深いものがありました。



短い角の棒と長いくるんとした丸い線は同くらいの重量です。
18金の塊を細く延ばすとこんなに長くなります。
ネームリングはこの丸線が主な材料となります。



ヤットコで持ちながらグイッと曲げます。
慎重に、でも一気に曲げたほうがきれいなカーブがでます。



「a」が出来ました。
こんなに細くても結構固いのです。




「k」はちょっと複雑。
高さをそろえて曲げて曲げて、、、



急なカーブは丸線に傷がつかないように工夫しながら
グググッと曲げます。




曲げてゆくうちに固くなっていくので
途中で火を入れてなまします。



「k」もできました。
あと少し〜。


「 i 」の点はダイヤの石座になります。
終わりはくるっと丸めて、



丸線同士がくっついているところは、いったんロウ付けします。
これでしっかりとした強度がでます。



腕は少し内甲丸ぎみの甲丸線です。
文字に合せて自然なカーブをつけてゆきます。



石座となる丸線もつきました。
このデザインだと穴をあけないほうがかわいいので、裏はそのまま丸めます。



いったん磨いてから松脂に固定して石留めします。
0.02ctの小さなダイヤですが、きれいなメレを使用します。



リングの裏にはOJCとK18、0.02ctの刻印を入れます。
刻印がきれいにまっすぐ入っているかは大事ですね。

最後にもう一度磨いて完成です!
毎回丁寧に作っているのですが、作れば作るほど新しい発見もあって楽しいです^−^










- | 10:20 | comments(1) | - | pookmark
コメント
from: -   2013/01/28 7:11 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする