オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
シルバーリングカスタム
プレゼントって特別ですよね。

突然何かもらえたら、どんなものでもしっかり記憶に残りますね。

贈る物の内容によって、こんな風に考えてくれたんだとか、相手のセンスが感じられたり。

今回は彼氏の好きなブランドのリングをプレゼントしたいけど

さらに手を加えてたった一つだけのオリジナルにして渡したいとのご依頼でした。





リングはサイズがあるので、相手のサイズにあわせたリングを用意していただきます。

いつも思うのですが、相手のサイズを測る自然な方法ってないのでしょうか。





リング外周にぐるっと石を留めるので等間隔に穴をあけます。

厚みがあってスッキリとさせたいので穴は貫通させませんでした。

この時点で石の高さが同じになるように同じ深さにして

石の座りを良くするために石ぴったりの穴の真ん中に径の小さい穴をさらに掘り下げます。

この時点で石同士の距離が決まるので仕上がりイメージがほとんど決まってきます。





石の穴ギリギリで毛彫りの線を入れます。

リングのフチがビシッとまっすぐに見えるように集中して進めます。





石どうしの間も彫り崩します。

わずかにアールのついた片切りタガネでカツっと落とします。





石のサイドも落とします。

まっすぐな片切りでカッと落とします。

残った部分が同じサイズの長方形になっているのが見えますでしょうか。

ここが石を留める部分になります。





小さな片切りで石に地金を寄せていきます。

今までの作業を丁寧にやっているのでもう楽に進められます。





ナナコたがねで爪を丸めて石留め終了。

いったん磨きます。





いぶし加工で全部真っ黒にします。

今回は610ハップでなく銀黒を使いました。

使いやすくて色も濃いです。



もう一度磨いて陰影を際立たせます。

世界に2つとない、とっても素敵なプレゼントになりました。





- | 10:09 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする