オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ソリテールダイヤネックレス

マメでない性格のせいなのか、よく放置してしまうブログですが
そろそろ何か書きたいな、何のネタにしようかなと考えつつ
がんばって記事をアップするととてもスッキリとした気分になれます。

そういえばどういうつもりで始めたんだっけと、昔の記事をのぞいて見ると
なんと古い記事がどれも2つに増殖しているではないですか。
なんか恐ろしい。。。

さて、今日はシンプルなダイヤネックレスのお話です。
0.7ctの大粒ダイヤの為に丁寧に石座を作りました。





プラチナ塊


まず材料となるプラチナを適量溶かして金槌で角棒にします。
地金を叩いていると昔の作業という感じで楽しいのですが
ずっと叩いていても棒や板にしかならないので次の工程に進みます。






線引き機


線引き機という機械に線引き板をセットして丸棒やパイプにします。
少しづつ小さい穴に通すと細くできる竹ひご作りと同じようなやつです。
棒が太いとそれなりに力仕事です。





組み立て


ピンセットでパーツ同士を固定させ、ロウ付けしてゆきます。
見えないところもあらかじめ磨いておくと仕上がりがきれいです。
ピンセットなど工具は基本的に自分で整形します。






アップでもきれい


ダイヤ 0.7ct VS1 Fカラー トリプルエクセレントカット

VS1だと本当に輝きが違いますね。
SIクラス以下だとどんな欠点かで美しさが大きく変わってしまいますが
VSクラス以上だと肉眼ではほとんど変わらない位完璧な印象です。






離れてもきれい


鑑定機関によって判断基準があるので
鑑定書のグレードが世界共通なわけではないのですが
日本では中央宝研か全宝協発行なら信頼のおける鑑定書だと言えるでしょう。

ジュエリーの写真を撮りながらいつも思うのは
現物がやっぱり一番きれい!です。

- | 21:26 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする