オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
イニシャルジュエリー
ジュエリー制作の会社で働いていた時は
毎回似たような商品を作っていたのですが
オーダージュエリーとして仕事をしていると
1つ1つがまるで違った要望になるので
次の制作に移行するときに、パッと頭を切り替えるようにするのが大変であり面白い所です。

今回のご依頼はイニシャルモチーフのジュエリーでした。
アイテムは3点、それぞれ奥様と娘様お二人の名前を使っておつくりいたしました。
家族でセットになっているなんて素敵ですね。

アルファベットのシルエットや印象は大事な部分なので
お客様のイメージにそえるようにお話を進めてゆきました。



削りだし前



頭で立体になった形をイメージしてから削り始めます。
個人的に絵で描くより削りながらバランスを見て進める方が得意です。



ワックス完成



リング2本とペンダント1つの原型が完成しました。
リングの腕の部分は筆記体の流れを壊さないようにつなげました。
制作しているときは手の入りにくいところから形を決めてゆくので
ゆっくり地味にすすんで、最後に急に立体感が出てきます。
文章にしてみると全然伝わらないですね。すいません。

指を動かし始めるとなかなか止まらなくなるので
写真をつい撮り忘れてしまいます。
もう少し段階をつけて撮ろうと毎回思います。




石留め前



これもだいぶ飛んでますね(汗)
石留め前のヤニによる固定の時です。
ダイヤが入るとキリっとした印象になって
ぐっときれいになります。

イ

イニシャルリングH&Aoi

イニシャルリングH&Aoi2

イニシャルリングH&Aoi3

Hのリングはプラチナ、AoiのリングとAのペンダントはホワイトゴールド製です。
3点とも最後に鏡面に仕上げてからロジウムメッキをかけてあるので同じ色に見えます。
ロジウムはプラチナと同じ色なのですがとても摩擦に強いので傷に強くなる長所があります。
ホワイトゴールドはロジウムメッキで色が明るくしてあります。
経年変化によりメッキがなくなると色が少し暗くなりますが
(色の違いはわかりにくいですが3枚目のヤニ付けの写真程度です)
また鏡面仕上げにしてメッキをかけ直すことも可能です。

アフターケアもいたしますので
末永く愛用くださいませ^−^
- | 13:40 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする