オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
オニキスのマリッジリング
最近ドラクエ9にはまっています。
少し前まではDSのゲームなんて子供だましだろうと思っていたのですが
うちの奥さんが突然DSとドラクエ9を買ってきてピコピコやっているのを見て
これは楽しそう、なんじゃないか、、と思い
ついには自分もやりだして、のめりこんでゆきました。

10歳の冬、ドラクエ3を兄と一緒に近所の家電屋さんに朝の3時から並んで買いに行き
7時くらいになると母が朝ごはん(ロールパンとハムとほうれん草)を持ってきてくれて
100人くらいになった行列の5番くらいの場所で食べたのを鮮明に覚えています。

今ではイロップに通う子と授業が終わってから攻略の話をしています。
「先生赤いアフロ買ったよ、賢者にはなれたの?」
僕はドラクエとともに人生を歩んでいくんだろうか。



さて、今日はマリッジリングのお話です。
ご夫婦で直接アトリエに来てくださり、デザインのイメージを伝えていただきました。
旦那様とは共通の友人がいて、お話するのがとっても楽しかったです。
ドラクエ9の情報も教えてもらいました。

ワックス削りだし前

原型はワックスという素材を削りだして作ってゆきます。
緑のものは硬いのでカチッとした形の時に使いやすいです。
でも弾力性はあまりないので旋盤を使ったりするときは青の方が割れにくいです。


メンズリング


イメージはカレッジリングみたいにチャンピョンベルトを巻いた感じでというご依頼でした。
サイズも大きく、存在感抜群のリングになりそうです。
ピンクの部分はソフトワックスという素材で弾力があります。
マイクロカッターで1文字ずつ切りだして貼り付けてゆきます。


レディースリング

奥様のリングはシンプルに、おそろいのラテン語のメッセージがとぎれずに入っています。
手作りの字はレーザー彫刻とは違ったあたたかい印象になります。


焼いたあと

K18イエローゴールドで鋳造し、いったん整形します。
表面を面一にして磨き
文字と枠はダイヤポイントで荒らし、キラキラにします。
仕上げはマットな感じをご希望とのことでしたので
焼いては酸につけの繰り返しで色を白く戻しました。
使っていくうちに部分的にこすれて光り良い風合いになってゆきます。


マットキラキラ仕上げ

裏はきれいに磨き、ネームを入れます。
ラテン語のメッセージ、形、素材、風合い。
どれもがオリジナルなマリッジリングです。
もし、自分がジュエリーを知らずにオーダーするとしたら
やっぱり人とは違ったオーダーをするんだろうなと思います。


オニキスマリッジ1


オニキスマリッジ2


オニキスマリッジ3

奥様のオニキスはオリジナルのカットです。
枠にあわせて研磨してもらいました。
石留めで光ってしまった部分も荒らしタガネでつや消しにしました。

デザインは違うけど統一感のある素敵なマリッジリングになりました。
いつか、本当のチャンピョンベルトや王冠を作れる日をお待ちしております。

- | 11:10 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする