オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アメシストのリング
ジュエリー制作の仕事をしている人は遮光眼鏡というものを持っていて
プラチナの溶解などの際に目を保護する為に使います。
たぶん日蝕の時はみんな仕事の手を休めてこの丸いめがねをして
しばし天を見上げたのではと思いました。
同業者の方との不思議な連帯感を感じた午後でした。

さて、今回はアメシストを使ったリングの制作工程です。
ご依頼者の方の希望で淡い色の色石でまとめました。
具体的に蝶と花をモチーフにして欲しいとのことでしたので
なにか物語りの一部のような覗いてみたくなるような
そんなリングを目指しました。

ワックスの色は気分で

ワックスという樹脂を削って枠を作ります。
デザイン画の段階では完璧でなかった立体感も
制作しながらバランスを見ていきます。

枠はプラチナ製

蝶の触角などは後からのほうが仕上がりがきれいなので
パーツをつくって組み立てました。
後からミルを打つ部分はびしっと角を出しておきます。
正直な話、このあたりまで作らないと完成のイメージがピタッときません。
経験にもよるのでしょうが、手作りは手探りの部分があって
おもしろいし、大変なところでしょうか。

淡いカラーでまとまりました

脇石も天然の石なので色の濃さにばらつきがあります。
なるべく自然になるように組み合わせてから石留めに入ります。
腕から爪の近くまでミルという粒々を入れました。
ミルタガネという道具でピコッピコッとリズミカルにいれます。
蝶の触覚など細かい部分は手打ちでプチ、、プチ、、プチっと慎重に。
とっても美しいリングになりました!

うっとりします

- | 19:53 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする