オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
プロジェクトD その1
日曜大工という言葉がありますが
私たち夫婦はバケーション大工です。
ちょっとまとまった時間があるとごく自然に家具を作り始めます。
教室内にある様々な家具もほとんど手作りなのですが
いつかすべて手作りのものになった暁には
このブログで紹介したいと思います。

そろそろアトリエの扉も古くなってきたし
しっかりしたものを作ろうと春休み中に設計しました。
休み中には東京都現代美術館へ遠足に行き
作品はより大きいほうが感動を与えると改めて感じたので
ドアだけでなく、壁や隙間も使って
入り口全体を作ることに決めました。

今回はいままでやったことのないこともいくつか考えました。
木目をきれいにだすためシナベニヤを使い濃い目の色のニスで
落ち着いた雰囲気を出します。
うまくいくといいなぁ


ドイトのおじさんありがとう

窓は大きくて丸い形にします。
四角よりよりワクワクしませんか?
そして色は金色。
金色の窓枠と落ち着いた茶色。
そこに真鋳の釘をアクセントにしようと思っていました。

骨組み

重く作りすぎてももったいないし
弱くて壊れてしまってもいけない。
でも素人だから、無意味に頑丈に作っている気がする。
でもやっぱり本当のところはわからない。


接着待ち

やっていくうちに
あれ、ここつじつまが合わなくなるとか
おかしいな、この隙間は何だろう、と
間違いに気づく時があります。
それが夜だったら、、、
ただのボーとした時間になります。

窓枠の下地

材料が切り出して揃って、組み立てが終わると
色塗りに入ります。
夢中になって塗っていくといつの間にか服が汚れていたりします。
「これ、作業着にしよう」
そんな服が山とあります。

扉の組み立て

玄関のドアは何でやさしく閉まるんだろうと思って調べてみると
ドアクローザーという存在を知りました。
いままで目に入ったことはあるけど初めて注目しました。
これがあれば子供たちがドアを閉める時に力を使わなくてもすむし
ベビーカーを押してこられるお母様もドアを開けたまま止めておくことが出来る。
なんという発明。
なんという縁の下の力持ち。


つづく
- | 21:02 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする