オリジナル ジュエリー クラフト O.J.C

オリジナルジュエリークラフトで誕生するハンドメイドの1点モノジュエリーのお話です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
細身のゴールドペアリング
今回のご依頼はお母様の形見であるアイテムをペアリングとして生まれ変わらせて欲しいというご希望でした。
いつも身につけいてるプラチナのマリッジリングと重ね着けできる細身でシンプルなデザイン、奥様のリングにはダイヤを入れることが条件でした。




ジュエリーは貴金属と石で出来ているので、リフォームするにあたってまず石を全てはずします。
彫り留めなら裏から叩くとポンととれます。

 



溶解は一点づつ行います。
アイテムによっては同じK18でも配合が違うものがあったりします。




地金の種類に問題がなければまとめて溶かして塊にします。
金槌でしめて整形しやすくしてゆきます。




ローラーで希望の太さまで細い角棒にします。
磨いていないK18の角棒は私の好物である芋けんぴみたいです。




ローラーの形状はおもしろいので、教室の子供たちからよく「なにこれ〜まわしていい?」と聞かれます。
ハンドルは普段子供たちが回さないようにストッパーをかけているのですが
奥さんが素敵なカバーを作ってくれました。
カバーで隠れていると気にならないらしく、誰もつっこんでこなくなりました。




線引きで角棒→丸線にしてゆきます。
ホームセンターで竹ひご引きという似たような道具を発見して驚きました。




再びローラーで少し甲丸状につぶして
丸と甲丸の中間、オリジナル形状にします。




サイズ通りに切って丸めます。
合わせ目がぴったりくるのが職人仕事です。




ロウ付けしてくっつけます。
融点の高いロウをつかってつなぎ目を限りなく目立たせなくさせます。




リューターやバフで磨きます。
蛍光灯の光の写りこみで形を確認しながらピカピカにします。




石留め中です。
細身なので少しでも強度を減らさない為、穴は貫通させず最小限にします。



再び磨いて完成です!
丸でも甲丸でもないコロンとした形状の美しいペアリングとなりました^−^
- | 11:20 | comments(2) | - | pookmark
リングからネックレスとブレスレットへリフォーム
テレビで劇的ビフォーアフターという番組があります。
私はこの番組が大好きで毎週欠かさず見ております。
何がそんなに面白いのか?
それは大工仕事が好きで見ていて飽きないこと。
小学校の夏休みの宿題で本棚をノコギリで作って以来
日曜大工に少しずつはまり、最近の愛読書は一人で家を建てるセルフビルド系の本になっています。
いつか自分で小さな家を、せめて車庫でも建ててみたいと夢見ております。

もう一つの見所は建て替える前の状態を何かしら残しているところです。
新しい家もうれしいですが
柱の木を残してみたり壁の土を再利用したりするのはあんまり合理的でなくても
施主「これをやってくれたのか!」という心の声が聞こえてくるようです。

ジュエリーと家づくり、規模は天と地ですが似ているところが多いです。
見た目を考えるセンスはもちろん、素材の確かさ、身につけられる強度も考えて制作します。
金の値段やダイヤの価格は相場によって変化しますが、石や金はまた再利用できるのです。

今回のご依頼は、祖母から受け継いだアイテムがあるけどデザインが古いのでリフォームして欲しいとのご注文でした。



お持込アイテムのリングです。
これをネックレスとブレスレットへ生まれ変わらせます。




まず石を傷つけないようにはずします。
はずした石は超音波洗浄して輝きを取り戻します。




K18のリングを溶かして材料にします。
酸素バーナーで数秒でとけるのですが、溶かし中の写真も撮ってみました。




とけて丸くなった金は太陽のようにまぶしくとってもきれいな色です。
液体になってチョコ皿の上を滑ります。




約4グラムの金の塊、溶かしてみるとちっぽけです。
叩いて延ばして形を整形します。




丸線にしたあとグルグル巻いて丸カンを作ります。
火を通してなました地金は柔らかく、手でかんたんに曲がります。




小さな丸カンでチェーンに通しロウ付けします。
はずれないように少しめり込ませて溶接です。




松脂に固定して石留めします。
いろんな方法があるのですが今回は小さな爪を4本起こして留めました。




10石あったダイヤのうち傷の多いものは省き、7石しようして完成!
シンプルでかわいく、金具も使いやすいものを使用しました。




もう一点はネックレスです。
角ダイヤの石座を削りだしています。




丸線を立ててロウ付けします。
磨く前の金の色も落ち着いていて個人的に好きです。




ヘッドが首の周りを回りこんで金具が前に出たりするのを気にされていたので
バチカンはチェーンに直接つけました。




松脂につけて石留めです。
しっかり留めてからコロンと丸く整形します。




きれいに磨き直して完成!
角ダイヤの石座は丸より手がかかるけどクラシカルでいい感じですね。
また現役で活躍してそしていつか受け継がれて形を変えて
ずっと楽しめることができますね^−^

- | 10:11 | comments(0) | - | pookmark
赤ちゃんの名前のネックレス
普段生活していて一番良く呼ばれるのは名前ですよね。
特にこどもの時は下の名前で一日に何度も呼ばれて
自分の名前の響きは特別に聞こえてくるのではないでしょうか。
たまに街で同じ名前の子が呼ばれているとドキっと反応したりして
おーあの子も同じか〜、どんな漢字を書くのかな〜とか思います。

 

今回のご依頼はまだ小さな一番下の子の名前(suiちゃん)でネックレスを作って欲しいとのご依頼でした。
上の子二人のイニシャルも入れて下の子の名前がゆらゆら行ったり来たりする
なんだか楽しい感じのデザインです。
お客様ご自身のデザイン画をもとに制作させていただきました。



リフォームの材料として、不要なアクセサリーがあったので
ダイヤはすべてお手持ちのアイテムから使用しました。

このようにお母様から受け継いだけどワードローブの中でちょっと合せにくいと感じるものや
サイズが合わないものがあれば、リフォームの材料になったり
ご希望のジュエリーの価格より下取り金額をお引きする事が可能です。

時代ごとによって石のカットや指輪の作り方、デザインの流行が違うので
いろんなジュエリーを見られるのは私の楽しみでもあります。





指輪のダイヤをはずしている所です。
改造したヤットコで石に負荷がかからないように爪を広げます。





はずして洗浄するとダイヤは本来の輝きを見せます。
お手持ちのダイヤのアイテムも
軽く中性洗剤をつけた歯ブラシで磨くだけで、手垢や油分がとれてきれいになります。





今回は重量の関係でワックスでの制作にしました。
紫の塊がワックスで、これを原型とします。





糸のこで大体の形に切り抜きます。
ワックスは柔らかいロウソクのような素材です。
ギュッとにぎってはいけません。割れてしまいます。





ヤスリとキサゲで削りだします。
バチカンを使わずに本体にチェーンを通したいとのご希望でしたので
なめらかに通るような穴もあけておきます。
かわいい形ですね。





プラチナで鋳造したところです。
鋳造は鋳造屋さんでお願いします。
いつもきれいな鋳肌をありがとうございます。





引き出しにはいっているのがリューターで研磨する先端器具です。
右上のコードでつながっている歯医者さんの道具みたいなものでピカピカにしてゆきます。
塩ビパイプで粉塵を吸いながら作業します。
プラチナ等の回収や冷却にも使えます。




ピカピカになりました。
磨きながら形もビシっとつくります。
丸く穴の開いたところは石が留まるところです。





チェーンをロウ付けしています。
この写真のチェーンだと細かったので
後日しっかりしたものへ付け直しました。





松脂につけて石留めします。
1ミリくらいのダイヤになると顕微鏡が大活躍です。
200分の1カラットのダイヤも1カラットくらいに見えます。
ありがとう顕微鏡^−^





青い石はお子様の誕生石のサファイヤです。
プラチナの色によくあっています。






完成!

全体のふっくら感がやさしく
プラチナの量も贅沢に使ってあります。
素敵なネックレスに仕上がりました。






石が一つ欠けていたリングの石合せとサイズ直しもいたしました。
大きさと色の感じが近いルビーを探します。





石に熱が回らないように、濡らしたティッシュで石座をくるみ
細い火で一気にロウ付けします。





全体を磨いて完成です。
ロウ目も目立たず新品以上の仕上がりになったと思います。





もう一点の修理は一文字リングの石緩みとサイズ直しです。
石座が緩みやすい構造だったので、裏から石座になる部分をつけます。





この丸太は地金を叩く台です。
木が金槌で叩いた衝撃を吸収して、安定した作業ができます。
プラチナの棒をリングのRにあわせているところです。




裏から板をはりました。
表からなるべくみえないように、かつ丈夫になるように。




ダイヤを一つづつ石留めしてゆきます。
写真左の小さなタガネでコツコツと地金を寄せてしっかりとダイヤに密着させます。






きれいに磨いて完成。
見た目が同じですがしっかりしたリングに生まれ変わりました。

なかなか使う機会がないと思うアイテムがございましたら
リフォームや修理など、なんなりとご相談くださいませ。




- | 21:07 | comments(2) | - | pookmark
ネームリングができるまで
名前がそのままデザインとなるネームリング。
一番最初は5年前でした。
スタイリストをなさっている「aki」さまのご提案で制作し
ホームページに掲載してから好評をいただき
たくさんのお客様のお名前で制作依頼を受けております。
今回また同じ「aki」様のお名前でご注文いただき、なにか感慨深いものがありました。



短い角の棒と長いくるんとした丸い線は同くらいの重量です。
18金の塊を細く延ばすとこんなに長くなります。
ネームリングはこの丸線が主な材料となります。



ヤットコで持ちながらグイッと曲げます。
慎重に、でも一気に曲げたほうがきれいなカーブがでます。



「a」が出来ました。
こんなに細くても結構固いのです。




「k」はちょっと複雑。
高さをそろえて曲げて曲げて、、、



急なカーブは丸線に傷がつかないように工夫しながら
グググッと曲げます。




曲げてゆくうちに固くなっていくので
途中で火を入れてなまします。



「k」もできました。
あと少し〜。


「 i 」の点はダイヤの石座になります。
終わりはくるっと丸めて、



丸線同士がくっついているところは、いったんロウ付けします。
これでしっかりとした強度がでます。



腕は少し内甲丸ぎみの甲丸線です。
文字に合せて自然なカーブをつけてゆきます。



石座となる丸線もつきました。
このデザインだと穴をあけないほうがかわいいので、裏はそのまま丸めます。



いったん磨いてから松脂に固定して石留めします。
0.02ctの小さなダイヤですが、きれいなメレを使用します。



リングの裏にはOJCとK18、0.02ctの刻印を入れます。
刻印がきれいにまっすぐ入っているかは大事ですね。

最後にもう一度磨いて完成です!
毎回丁寧に作っているのですが、作れば作るほど新しい発見もあって楽しいです^−^










- | 10:20 | comments(1) | - | pookmark
シルバーリングカスタム
プレゼントって特別ですよね。

突然何かもらえたら、どんなものでもしっかり記憶に残りますね。

贈る物の内容によって、こんな風に考えてくれたんだとか、相手のセンスが感じられたり。

今回は彼氏の好きなブランドのリングをプレゼントしたいけど

さらに手を加えてたった一つだけのオリジナルにして渡したいとのご依頼でした。





リングはサイズがあるので、相手のサイズにあわせたリングを用意していただきます。

いつも思うのですが、相手のサイズを測る自然な方法ってないのでしょうか。





リング外周にぐるっと石を留めるので等間隔に穴をあけます。

厚みがあってスッキリとさせたいので穴は貫通させませんでした。

この時点で石の高さが同じになるように同じ深さにして

石の座りを良くするために石ぴったりの穴の真ん中に径の小さい穴をさらに掘り下げます。

この時点で石同士の距離が決まるので仕上がりイメージがほとんど決まってきます。





石の穴ギリギリで毛彫りの線を入れます。

リングのフチがビシッとまっすぐに見えるように集中して進めます。





石どうしの間も彫り崩します。

わずかにアールのついた片切りタガネでカツっと落とします。





石のサイドも落とします。

まっすぐな片切りでカッと落とします。

残った部分が同じサイズの長方形になっているのが見えますでしょうか。

ここが石を留める部分になります。





小さな片切りで石に地金を寄せていきます。

今までの作業を丁寧にやっているのでもう楽に進められます。





ナナコたがねで爪を丸めて石留め終了。

いったん磨きます。





いぶし加工で全部真っ黒にします。

今回は610ハップでなく銀黒を使いました。

使いやすくて色も濃いです。



もう一度磨いて陰影を際立たせます。

世界に2つとない、とっても素敵なプレゼントになりました。





- | 10:09 | comments(0) | - | pookmark
アコヤ真珠

絵や写真を部屋に飾ると
部屋の雰囲気がガラッと変わって新しい気分になったりしますよね。
そんな時、なんか額縁の右が上がって見える、いや窓枠の一辺の方が垂直でないのかと
パッと目で見ておかしいな〜と思うときは実際にゆがんでいたりする事があります。
じっくり見なくても、見た瞬間の直感でわかるのだから
人間の眼ってすごいですよね。

真珠や宝石もたいした知識がなくても
上質なものと並の品質のものをならべてみると一目瞭然で
やっぱり良質なほうが美しいと感じるものです。

今回のご依頼はアコヤ真珠のネックレスで
特にサイズが大きく品質の良いものを用意して欲しいとの事でした。












下に行くほどパールの品質が良くなってゆくのが分かりますでしょうか。
真珠層が厚くなり虹のような照りが増してゆきます。
写真でもそうなのですが、実物を目で見た時はさらにはっきり感じ取れます。

やはり一番質の良いものということで、一番下のパールに決定しました。
一度質の良いものを見比べてしまうと、後戻りできません。。。。



うっすらピンクがかった色が桜のようで、品のあるネックレスに仕上がりました。
チェーンはセーターの上から身につけられるよう、50センチまで調節のできる
コマの密な存在感のあるタイプに決定しました。

このクラスの真珠になると
お子様やお孫様へ、リフォームしたりして受け継いでゆく楽しみもありますね。




- | 20:59 | comments(0) | - | pookmark
ツートーンカラーマリッジリング
リングの中で一番シンプルで長く親しまれているデザインは
甲丸リングではないでしょうか。

ひとえに甲丸といっても幅と厚み、丸っこさ加減で印象と着け心地が変わってきます。
普段使いのマリッジではある程度耐久性がないと変形してしまうし
側面のコバがないとペラペラな感じになってしまうし
丸っこさのボリュームがありすぎると重く感じてしまう、、、

特別な指定が無い限りは市販品よりややふっくらしているかなという
 私好みのサイズでお作りしております。

よっつのリング

まず素材違いの4つのリングを作ります。
左より、ホワイトゴールド、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールドです。
メッキしていないホワイトゴールドはうっすら黄色いグレーで
重厚感があります。


金ロウ前

まずはゴールドのリングをロウ付けします。
わずかにピンクゴールドの内径を小さく、外径を大きくしているので
ロウがキレイに流れやすいです。


金ロウ後

火は全体的に当てて、融点の低い金ロウがサーっと流れてゆきます。
彫りもそうだけど、火を入れるのも一発勝負。
何度やっても緊張感がありますね。


ホワイトロウ前

プラチナとホワイトゴールドもホワイトロウでセットします。
白っぽいのはフラックスというガラス質で、高温になると液になり
酸化から守ってくれます。


ホワイトロウ後

きれいに流れました。
平らになったリング同士の間を毛細管現象でロウがシュッと入ってゆきます。
この瞬間が気持ちいいですね。
ロウ付け終わるとほっとします。
完成
いったん完全に磨いてから内側にメッセージを刻み、
つや消しをします。
このシルクラインによってカラーコントラストが強まり、2色あることを控えめに主張します。


てをとりあって

お二人ともいつまでもお幸せに^−^




- | 20:47 | comments(0) | - | pookmark
メッセージペンダント
仲の良い友人の結婚を機にみんなでペンダントをプレゼント。
メンバー6人でセットになるようなデザインをオーダーしよう!
こんな素敵なアイデアが今回のご依頼でした。

まず、6人で一揃いになるようなデザインをいくつか考えます。 

デザイン1

Aの輪になるデザインを気に入っていただき
彫刻するメッセージからバランスを見直します。
デザイン2

イニシャルが同じ方がいたので名前は頭文字だけでなく全て彫ることに決定しました。
デザインが決まると制作に入ります。


板 


今回は平らな部分をビシッときれいに仕上げたかったので
精製された地金を使います。


円


糸のこで丸くカットしてヤスリで整えます。
どこかゆがんでいたりすると目に付くので全体を確認します。


カット


割れた形がぴったりあうように細い糸のこでカットします。
ノコ刃の幅は0.2ミリ。工具を作る技術ってスゴイですね。


ロー付け


チェーンは板にめり込ませてロウ付けします。
角につける予定だったのですが、せっかくだから6つのパーツを合せられるように
少し内側につけました。


ピッタリ


チェーンがついてもピッタリ^−^


磨き


一度キレイに磨きます。
平らなところはビシッと。
チェーンはバフに巻き込まれないように慎重に。


彫り


文字を彫る前には必ず試し彫りをします。
文字体や大きさのバランスを確認してから入らないと、、、後戻りできません。。。
シビアだけど楽しい作業です。


けがき


ペンダントを松脂で固定して
文字を写します。


彫りあと


朋友は我が喜びを倍にし、悲しみを半ばにする。
El compañero dobla mi alegría y hace la mitad al dolor.


イニシャル


裏にはそれぞれ皆様のイニシャルを彫りました。


一列


皆様がこれからも分かちがたい存在でいられますように!

- | 20:25 | comments(0) | - | pookmark
ネームリング
 クリスチャンディオールにOUIリングというアイテムがあります。
丸い線をくるっと曲げてつくったようなかわいらしいジュエリーです。

今回のご依頼は、奥様が以前紛失してしまったOUIリングを
お子様のお名前で作って欲しいとの希望でした。

それでは制作工程をごらんください。

塊

K18を溶かしてできた丸い塊です。
黒い部分は酸化膜、赤いところは硼砂というガラス質です。

四角

金槌で叩いて四角に整えます。

丸線

線引き機という機械で丸線にします。
ここまでちょっとした力仕事です。

h

ヤットコというペンチのような道具で丸線を曲げます。
1ミリの線でも固いので、バーナーでなましながら進めます。

han

ヤットコで強くつかむと深い傷になってしまうので、
先端はこのリング専用の形に改造しています。

hana

今回は途中で切ることなくひとつづきで仕上げます。
丸線同士がくっついている部分はロウを流して補強します。

腕

腕は甲丸状で緩やかなカーブをつけます。
ネームの形に自然につながるように気をつけます。

ネーム

指定のサイズになるようにアールをつけます。

磨き

腕と石座をロウ付けしてからいったん磨きます。
鋳造でないのでとってもきれいな肌です。

石留め

松脂につけて石留めします。
メレダイヤもVSクラスなので輝きが違います。


正面
ダイヤもきれい!




名前ごとに違った表情になるネームリング。

愛する人の名前がそのまま気持ちとなって形になるのはとても素敵ですね。



- | 19:39 | comments(0) | - | pookmark
上野動物園にいってきたよ2
 1年前に行った上野動物園。
遠足の下見もあって行ったのですが
地震のため一時的に休園になり、去年のイロップ遠足は中止に。
今年こそは行くぞと思いつつ、また下見に行ってきました。

娘の春は言葉もだんだん通じるようになり
動物がたくさんいる動物園に行こうと言うと、うんうんと大きなうなずき。
1年前は良くわからなかったものがだいぶ感じられるようになったのではと
家族3人楽しみにして向かいました。





この日はたまたま開園130年記念日で入園無料。
朝からかなりの人だかりでした。
パンダは2時間待ちだったのでスルーしました。





水色の壁とあわせて絵画のような鳥さんたち。
春「ぴっぴ い〜っぱい!」






一生懸命足を前後に動かしている様子が可笑しかった鳥。
動きが早すぎてピントがおいつかない〜





去年と同じやつなのかな。
あいかわらずずんぐりしてる。





アザラシ 「zzzzzzzzzzz」
春 「ねんね〜」





はしゃぎすぎて途中で寝てしまったけど
おみやげ屋さんでぬいぐるみを見るよと言うと
ムクっと起きてハシビロコウのぬいぐるみをつかみました。
買ってから抱っこヒモにねじ込んだら満足そうに笑っていました。







- | 12:26 | comments(0) | - | pookmark